長崎観光

15日

前日も飲み会で帰りが遅かったが、何とか早起きして空港に向かう。

これまで羽田への交通手段といえば電車だけど、新宿でバスに乗る手段もあるのね。今度はそれでもいいかも。

機中では半分寝ながら機内放送の落語を聴く。笑福亭福笑の「桃太郎」。

ホテルに着いたのが昼前。荷物は預けたがノープラン。

 

f:id:bean48:20161016223516j:image

 

大浦天主堂

学生時分に東京から遊びに来た友達を案内して以来。

 

f:id:bean48:20161016223516j:image

 

グラバー園からの眺望。

河向こうの造船所はいつ見ても心がワクワクする。

 

f:id:bean48:20161016223526j:image

 

新地中華街で昼食。

横浜に比べれば中華「街」というより中華「通り」と言えるぐらい規模は小さい。

コース料理にしようかと思ったが、「2名様から」の受付ばかり。

そこそこ小ぎれいで客の入りがありそうな店にを見繕って、単品でちゃんぽんを頼む。追加で春巻きを頼んだのは余計だったか。

その後も露店で角煮まんをつまみながら浜の町へ。

 

献血センターで成分献血

長崎でするのは結構久しぶりだな、と思ったら、前回の結婚式のときにも行っていた。

右肘に針を留置されながら、1時間半ほど時間を潰す。

 

次は路面電車に乗って原爆資料館へ。

多分通算で3-4回目ぐらいだろうか。

ところどころでマイナーチェンジをしている。ファットマンの模型に色が付いてたのは初めて見たかも。

オバマ大統領が訪れたのは広島だけど、長崎の資料館にもメッセージが展示されていた。

来てくれただけで十分、ていう出来事ってそうはないよな。

 

あとは近くの大学のキャンパスや大学病院に寄ってみる。

と行っても週末で知ってる人に会えるあてもなく、学生でも職員でもなんでもないので大したところには立ち入れず。

すっかり建て替わったみたいだけど、利便性はどうなんだろう?

 

f:id:bean48:20161016223516j:image

 

一本柱鳥居、または片足鳥居。

「片足」という呼び方は差別的、という向きもあるようだけど瑣末な問題と思う。

この近くに住んでいたけど、最寄りのファミリーマートは潰れて別のテナントになってしまっていた。

 

f:id:bean48:20161016223516j:image

 

被爆クスノキがある山王神社

元々幹部分がウロになって補強材が入っている状態で、果たしてどこまで生き長らえるのか気になる。まだ枯れずに葉をつけている。

 

一旦ホテルに戻って夕食。

ディナーブッフェがお得に思えたが、あとから思えば食べ過ぎになってしまったなあ。

特にやることも思いつかなかったので思案橋で2件ほど飲み歩く。

案内所のお兄さんに連れられたお店で女の子とちびちび飲みながら話す。隣の二次会上がりの団体が騒がしくやっていたが、変にテンションを上げずにマイペースで話をしたり聞いたり。向こうも与しやすしと思ったことだろう。そこそこ満足。

2件目は夫婦でやっていた居酒屋。牛すじ煮込みの看板に惹かれてフラフラと入る。焼酎と、よせばいいのに2品ほど注文する。おばちゃんメインでよく話しかけてくれる。煮込みはやや硬めだが美味しかった。

学生の頃は部活の新歓や追いコンの二次会でしか縁のなかった場所だが、一人落ち着いて飲んだり誰かと話ができる店に当たってよかった。

 

ホテルに戻ってからラウンジバーに入ってピアノ演奏を聴きながらもう1杯。

ボスから文献をメールでもらっていたので、フロントで印刷してもらって読む。(代金が1枚40円ぐらいで、ファイルが70枚ぐらいあったのはちょっとした誤算だった)

酔った頭で大して身に入るわけでもなく、演奏が終わり次第部屋に帰って寝る。

 

16日

駅前のホテルで結婚式。席次表で電卓片手に数えてみたら200人弱の出席者。東京と比べて多い傾向にあるような。

往往にして部活の同窓会になるが、気がつけば随分周りに既婚者が増え独身は少数派。まあ焦ってもしょうがないけど。

二次会まで出席したが、すごく話し込んだわけでもなく適当なところで切り上げ。みなさんお元気ならそれでよし。

 

一人の楽しみ方、もっといろいろあるよなあ、って思った2日間だった。

仕事で勉強しなきゃいけないこともたくさんあるけど、dutyを忘れる時間も上手く作ることは心掛けたい。

50ccのエンジンしかもたない自分が、1500ccのエンジンをもつ優秀な人に合わせようとすればオーバーヒートするけど、だらだら長時間運転するんじゃなくエンジンを切る時間も大事にしないと。

 

帰りの飛行機の中で特にやることもないのでスマホで日記を書いてみた。

うっかり荷物棚にしまいこまれてしまったボスからの文献はほとんど手つかずで週明けを迎えるのでした。